「金」が愛される理由

人々を魅了するゴールドとは

株式や債券はリスクあり、金買取は信用リスクなしが魅力

金融サービスが高度に発展した現代においては、実際に所有している資産以上の投資を行うことが出来るようになっています。その様な取引の方法を株式取引の世界では信用取引と呼びます。この取引方法は実際に所有している資産を担保にその数倍までの資金を運用できるという仕組みであり、少ない資金で投資が出来る一方、損失も出しやすいという諸刃の剣という仕組みを持った金融商品であると言えます。株式や債券はリスクありというのはこの様な実情を評価して言葉であると言えるでしょう。確かに株式や債券はリスクありとは言いますが、リスクを大きくとることで思うように根が動いた場合には莫大な利益を上げることが出来るのです。そのためリスクがあることがそのまま悪いことにはならないのです。

一方で金買取に力を入れている人もいます。金という金属は通貨とは違い、実際に目の前に存在している現物資産です。このような現物資産は金買取によって集めることになりますが、現物資産はいわゆる金融商品とは異なり実態があるのです。そのため現物以上の価値は持ちようが無く、信用リスクなしという特徴があります。つまり資産を金で持っている限り、価値が目減りすることはあっても価値を完全に失うことはあり得ないということが出来るでしょう。その反面、金融商品ではないので利息が一切付かないという特徴があります。そのため金買取で得た資産というのは値上がりによる利益しか狙うことはできません。信用リスクなしの投資商品であることは間違いありませんが、信用不安のまっただb中で無い限りはあまり魅力的な商品であるとも言えないでしょう。

しかし世界的に金の需要は増しつつあります。現代においても金は装飾品としての価値を高く保っていますし、新しく工業用の部品としての活躍の場が生まれました。そして金融不安時の安全資産としての立ち位置にも選ばれています。この様な背景から金の価値は上昇基調にあると言えるでしょう。この様な状況が続く限りは金買取のサービスは都市部において盛んに継続されることになると考えられています。

金買取は大きな資金を動かす投資家であれば一定の割合で確保している金融資産です。非常に安定しており、大きく増えることが無い半面、0になることが決してないという安全資産という側面に最大の魅力があるのです。限られた金属であり総量が大幅に増えることが殆ど想定できないため、安定した資産価値が見出されるのです。

Copyright(C)2014 「金」が愛される理由 All Rights Reserved.